PR

大塚明夫さんと観る絵画『音声ガイドで 聴く名画』レビュー!「趣味は絵画鑑賞です!」への1歩!

スポンサーリンク

 

・・・待たせたな。

ついに手元にきました『聴く名画』

田舎は出版日から2、3日後でないと手に入らないのでやっとです!

 

美術への造詣は浅く、

「見たことはあるけど作品名は知らない」

「この作者のこの作品しかわからない」

いわゆる名画と呼ばれるものでさえ十分に知りません。ハズカチ。

(フェルメールとルメールの違いくらいはわかる)

 

実を言うと絵画など美術鑑賞自体は好きな私。

美術館や展覧会に行ったりしていました。

 

とある画家の作品展を観に行った時のこと。

その会場では原画の展示と同時に販売も行われていました。

心待ちにしていた作品を観て回るわけですが、

スタッフが近づいて来たかと思えば、あーだこーだと説明を始めます。

作品の生まれた背景などが聞けていいな~くらいでいたのですが、

行く先々についてきては、説明もそこそこに絵の値段を言い始めるのです。

 

せっかく目の前に観たかったあの作品があるのに!

解説も添えてあるから自分のペースで観たいのに!

原画買えるほどお金持ってないです!(カードも使えますよ~♪なんて言われる始末)

しつこい話が何度も続けば興覚めですよね…

足早に会場を出て、モヤモヤして帰る

こんなことが何度かあったので足が遠のいていたというのもあります。

 

最近、たまたまテレビをつけたらなんでも鑑定団があっていました。

本物であれ偽物であれ、

美術品に興味を持てるって心に余裕がある感じがするし、

教養としても素敵だな~なんて思っていた頃。

こちらの本の出版情報を知りました!

「これなら自分のペースで鑑賞できる!」

「いろんな角度から観られるって楽しそう!」

「音声ガイド付きか~…てガイド明夫さん!?」

もう即決。すぐに予約して待ち遠しく過ごして今日に至ります。

明夫さん補正を抜きにしても、

1冊の本として、絵画鑑賞のきっかけとしてとても素敵な本だったので紹介します!

 

書籍情報


サンクチュアリ出版『音声ガイドで 聴く名画』

監修:佐藤晃子 ガイド:大塚明夫

10のテーマに分かれて全64作品を収録

公式サイト▼

書籍詳細 - サンクチュアリ出版

 

装丁へのこだわり

黒を基調としていて、全体的に高級感があります!

見返しや遊びには真っ赤なページが挟まれています。

これはまるで美術館のレッドカーペットのよう

すべすべで触り心地がよくて思わず手でなぞってしまいました…。

なにより驚いたのは背表紙がない

 

これのなにがすごいかというと、

手で押さえたり読書スタンドを使ったりしなくても

本が180度開いた状態で置ける

本を綴じている付近の読みにくい部分をノドといいますが

この本には、その読みにくい部分がありません!

作品も解説も、ガバッと開いて観られます。天才…!

 

表紙に関しては少し指紋が付きやすいので、

気になる方はカバーをかけると汚れを抑えられます!

ちなみに私が愛用しているブックカバーはこちら▼


 

豪華な音声ガイド

 

音声ガイド付きとは言っても、主要作品だけなんだろうな~

…って思っていました。すみません。甘く見ていた。

本当に全部の絵画に音声ガイドがついています!

なんと章ごとの解説にまで!

こんなに贅沢なことがあっていいんでしょうか…

 

64作品すべてを耳元でみっちりガイドされるって

…これはもはや明夫さんとのデートでは!?

取り乱しました。すみません。変態っぽかった?

 

他の本でありがちな

シリアルコードを入力して音声を一括ダウンロードする形式ではなく

各作品ページにQRコードがあります。※利用には専用サイトを開く必要あり

  • まずはパラっと眺めてみて気になった作品を先に聞いてみる
  • 好きな作品のガイドが付いたのか真っ先にチェックしたい

自分のペースでガイドしてもらえるのもポイントですね!

 

鑑賞初心者にもやさしい設計

  • ぶっちゃけどこを観たらいいの?
  • 作品や作者を年代別に追ってみたい
  • とりあえずオススメは?

という方でも安心してください。

全64作品を年代などで10のテーマに分けてあります。

作品単体を楽しむのももちろん楽しいのですが、

作品の生まれた時代背景や作者の人柄などに触れると

魅力や楽しさがグンとアップします!

 

1作品につき音声ガイドが約3分、章を通しで聴くと約15分です。

長い説明を聞くのが苦手だったり、

スキマ時間にサクッと作品の世界に浸りたい人にもとっつきやすいですね!

 

まとめ

勢いだけでババっと紹介しましたが、少しでも魅力は伝わりましたか?

伝わらなかったあなた。大丈夫です。

伝わっていないのは私の語彙力の問題なので安心して読んでみてください!

私もじっくり大切に楽しもうと思います!(*^^*)

「絵画鑑賞が好きです!」と言える自分をめざします♪

最後まで読んでいただきありがとうございました!

↓いいねボタン💖・コメント・Twitterフォロー等いただければ大変励みになります☆

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました