PR

【ひとりごちる】 ぼっちの理想と現実

スポンサーリンク

 

自分の生活は自分でまかなえる

できればたまの贅沢もできるくらいの収入

家族同然のペットと暮らして

たとえ小さくてもやりがいを感じられる仕事

日々のキラキラに趣味をひとつまみ

ここに人付き合いを少々

(ちなみに“ひとつまみ”は親指・人差指・中指の3本分。

“少々”は親指・人差指の2本分らしい)

 

太く短くとまではいかなくても、できればあまり長生きはしたくない

こんな人生が理想だった

 

・・・現実はそんなに甘くない

 

最近でこそ「おひとりさま」「ソロ活」なんて呼び方もあるけど

自分で自分を満たせるからひとりでいるの というか

この表現に滲む「気高さ」や「余裕」みたいなものが自分には足りない

ひとりは楽で好きだしぼっちにも慣れているけど、

「したくてしている」のが半分

「そうせざるを得ない」というのが半分

結局はただのアラサー独身女性 ギリ女性 もはや女性ときどきメス

気を抜けばどんどん“干物化”していつかオッサンになっていく気さえする

髪伸ばしてるのもあって知る人ぞ知るガチタンバリン奏者感も漂うw

 

もともと結婚願望も家庭や子供を持ちたい!という気持ちがあまりない

家庭や子供を持ったりして幸せになる自分の姿が想像できないし

親を見ていて「それ」が幸せそうだと思えないのも大きい

 

いまは相手もいないから、

こういうこというと負け惜しみ感がある

もちろんうらやましく感じたりもする

たとえばレジャーのチケットプレゼントはだいたい“ペア”の招待券だし

2人前(または2人席)からしか注文を受けつけない飲食店もわりとある

季節ごとのイベントだってパートナーと過ごせたらと楽しい

同棲もしたことがないからちょっとやってみたい

 

あ。

でもひとりの時間(その空間に自分しかいない時間)が

必須な自分には難しいのかしらなんて思ったり

 

なによりこんな世界に自分の味方が増えるなんて素敵なこと

これまでお付き合いした相手とは

お互いの仕事の都合で一緒にイベントに行った思い出がほとんどない

これからの時期ならベタに花火大会とか行きたい

世の中、だいたいのことはひとりでもできるようになっている

でも誰かと一緒の方が楽しめることの方が多いのだ

 

やっぱり人生には多少そういう要素も欲しいし

支え合う関係にはあこがれもある

人を好きになると楽しいし、誰かに想われれば嬉しい

当時の悩みだってそのうち思い出に変わる

誰かと一緒の将来を考えたこともあった

だけど

それも結局は世間体や親の期待というか

結婚して家庭を持ち、子育てをしてこそ!

それができない=人として何かしらの欠陥がある!

みたいな風潮…とでもいうのか

いい年してひとり=寂しい人間というイメージはまだ根強いから

体裁を気にしているフシもあった気がする

もちろん、

相手のことが大好きでそうしたいってのが大前提だったけど

 

親きょうだいはきっと自分より早くいなくなる

ペットだってそうだ

小さな家族たちを眺めながら

「あと4,50年生きてくれんかな」と毎日願ってる

なんなら自分の寿命を分けたっていい

足して割って40くらいでも全然いいのにな

どだい無理な話だとわかっているけど切実に

ずっとずっといっしょにいたい

 

それはさておき

ライフステージが変われば人付き合いも変わる

恋愛なんて興味なさそうだった後輩も

仲の良かった同級生も

一緒に無茶やった先輩も

いつの間にか「夫」や「妻」になり「お父さん」「お母さん」になっていた

「家庭」という居場所を手に入れて幸せそうにしている

(結婚式の招待状も来なかったし子供が生まれたのも知らんかった。

仲良いと思ってたし内心嫌われてたかなと不安だけどそうじゃないらしい)

 

自分で言うのも悲しいけど

独身アラサー女の時間はわりと融通が利く

お金はないけど時間だけはある

 

でも周りはそうもいかない

なんやかんや相手が忙しくて

「今度ご飯行こうね!」の今度は来ないことが多い

周りがどんどんオトナの階段を上っていく横で

自分はいまだに這いつくばって砂遊びをしているような気持ち

なにか作ったように見えて、結局は砂だから崩れてしまって残らない

 

ここでは公務員時代のことなんかも書いてるけど

これまでを振り返って書けば書くほど

20代でなにも残せなかった自分が空っぽな人間に思えて悲しくなることもある

後ろに道もなければ、足元に土台もない

(なにかしらあるのかもしれない。というかあってくれ)

乗り越えてきたつもりの経験もちっぽけなものだ

 

これから自分はどうなっていくのかな~なんて道端のぬいぐるみを見て思った

これだけ聞くとすごいセンチな人間っぽいな。笑

(いなくなってたから帰れてるといいな)

いろいろあった分、人と関わることがまだ怖かったりするけど

自分の人生を楽しめるようになりたい☆彡

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました