PR

ソロ活×趣味は「カメラ」で決まり!寂しい人はカメラと友達になるべし。

スポンサーリンク

 

思えば昔から写真を撮るのが好きでした。

 

OLYMPUS PEN-8でカメラデビューしてから6年ほど…。

 

(カメラのキタムラネットショップ リンク▼)

オリンパス PEN E-PL8 14-42mm EZレンズキット ブラウン

PEN8はもう製造終了しているようですが、中古はまだ出回っています!

購入当時から比べたら半額くらい。

ごついカメラもカッコいいけど、

女性の手にもなじみやすいカラーが選べるのは嬉しい(*´з`)

 

いまは、SONYのα7Ⅲが仲間入りして2台持ちで楽しんでいます✨

(カメラのキタムラネットショップ リンク▼)

ソニー α7III ズームレンズキット [ILCE-7M3K]【納期約1─2週間】

  

α7Ⅳが発売されて、

早くもα7Ⅲは5年ほど前の機種になりましたがそこまで値崩れしていません。

中古であればかなり初期費用を抑えることができます!

 

ただ、

素人の方こそ

新品 

店頭やお店の正規ネットショップ で

買うことを個人的にはすすめたい!!!(理由は後ほど) 

 

私は情報収集こそネットでしましたが、

最終的にはお店に行って、

実機を触りながら店員さんと相談して決めました!

新品・中古ともにネットで簡単に買える時代ですが、

ぜひ一度は実機を触ってお気に入りを見つけてほしいです(*´з`)

 

スマホ(Xperia)もα7Ⅲと似た操作感で使えるのでフル稼働!

スクショするときにズレてしまった…

 

最近はiPhone/スマホともに性能がぐんぐん上がっているので

写真なんてスマホでいいじゃん!

・・・と思っていませんか?(←思ってた人)

 

…全然違う!

「撮る」の楽しさが爆上がりします!

(もちろんスマホでも撮ります!携帯性はピカイチ。)

画質や色味などは個人の好みもありますし、

フォトショなどで編集もできます。

なにより、技術的・機材の性能面については

ガジェット系に詳しい人たちがたくさん情報発信されているので割愛!

(ちなみに私は高澤けーすけさんの動画をよく見てます。α愛がすごい)

 

今回は

・カメラ気になるけどスマホでよくない?

・なにか趣味がほしい

・ひとりでもできる趣味を探している

 

そんなあなたに向けて

「なぜカメラ/写真を趣味にするべきか」をお話しします( *´艸`)

実際、私の周りでもカメラ・写真の輪がじわじわと拡散中。

中には

「SONYのα7Ⅳ買っちゃった!」という猛者も。

(正直なかなかの額!しかも差し置いてⅣて!…うらやましい!)

ソニー α7 IV ズームレンズキット [ILCE-7M4K]【納期約1─2週間】

 

いろいろ相談には乗っていましたが

決断早すぎてびっくりしました(笑)(たぶん2日くらいだった)

もちろん、その人も楽しんでカメラを続けていますよ~✨

そもそもなぜ「写真」を撮りたいの?

“海と空への階段”をイメージした1枚もうちょっと海の比率が多くてもよかったか。

見たものやその瞬間を形に残したい

私が写真を撮る理由はこれ!(だいたいみんなそうか!)

 

すべてのものは移り変わっていきます。

同じ瞬間にはもう立ち会えないかもしれません。

特に、

子供の成長やペットとの生活の様子などは1度きりのものが多いので、

記録がないと寂しいものです。

カメラを始めるまでは、

「あーあ、残しておけばよかったな」という後悔を何度もしてきました。

 

私はペットの写真もよく撮ります。

悲しい話ですが、ペットとの暮らしにはお別れがあります。

離れ離れになったあと、写真があるのとないのとでは全然違うんですよね。

フォトブックも何冊か作りましたが、かなりいい。思い出の結晶です。

 

『作って販売する』というのもとてもいい経験になります!

 

 

メリット

 

まずはカメラを趣味にして実感したメリットがこちら!

・自己完結できる

・成果が残る

・周りにシェアできる

・自分だけの作品が生まれる

 

自己完結できる

 

これはかなり推したいポイント!

趣味を楽しみたいとき、こういうことありませんか? 

・相手がいない

・人数が揃わない

・場所や道具を借りられない

・天候などの影響で中止

・やっぱりちょっと気乗りしない

 

その一方で、

カメラは「したいけど状況的にできない…」が起こりにくいです。

(場所や時間帯が限定されるような特殊な撮影は除く)

 

一般的に楽しむ範囲であれば、

カメラを構えて、

自分の好きなように撮りたいものを撮るだけでいいです。

目に映るものすべてが被写体になりうるので

家の中でも外でも大丈夫!

100均で見つけたガーランドを試したかっただけの1枚。愛飲してます。そう、iだけにね。 

 

これが私のような人間には大変ありがたいところで、

人との予定を合わせたりしなくていいし、環境にも縛られない。

“気ままに動ける”というのは精神的な負担がかなり軽くなります。

撮りたい!と思ったときに行動するだけでOK。最高!

 

好きなものを納得いくまで撮る!となると、

少なくともカメラが趣味じゃない人にはしんどいですし、

同じく写真を撮る人でも撮りたいものや好きな場所は違います。

「あ~…待たせてる…💦」と思うと焦ってしまうので、

結局最近はひとりで出かけて行って、

撮りたいものを満足いくまで撮るようになりました(^^♪

とても楽しいです!

 

ちなみにこれはホタルを観に行ったときの1。ゆっくり撮れてもダメなときはダメ(笑)

 

私のレベルではまだ難しい被写体で撮影は失敗!ほぼ暗闇!(笑)

(ひとりならいろいろ設定をいじって試して…がしやすい)

来年またリベンジします!(*^^*)

 

 

成果が形に残る

 

これは毎年11月に開催されている「佐賀バルーンフェスタ」での1枚。

 

自分が撮った写真がそのままデータとして残ります。

枚数も、行先も、見たものも、すべて記録。

(もちろん、動画であれば音声も残せる)

 

手帳に書き記すのも好きですが、

目で見たものを残せるってとても便利!

次に書きますが、

いまはシェアするのも簡単&いろんな方法があるので

撮った後も楽しみ方は無限大∞ですよ~✨

 

ここで、

この「佐賀バルーンフェスタ」での1枚にまつわる小話をひとつ。

バルーン競技は大変デリケートなもので、

競技開始直前の風の具合で開催されるかどうかが決まります。

私たちが地上で風を感じなくても、

上空に風や気流が発生していることが多いので

思っている以上に競技中止になります(特に午後の部)。

 

なかでも「河川敷からの一斉離陸」は目玉のひとつですが、

これも見られるかどうかは運任せ!

早朝の離陸を観るために、夜中に出発して一か八かで現地待機。。

なんてことも何度かやってます。

だからこそ、初めて間近で観られた時の感動と

写真におさめられた喜びもひとしおでした✨

今年も行く予定!飛びますように!撮れますように!

 

簡単にシェアできる

 

先ほどの「成果が残る」と関連します。

少し前までは、

フィルムを現像に出したり、

カメラをパソコンに接続しないとデータが移せなかったりと

写真を撮って周りに共有できるまでにタイムラグがありました。

 

現在はカメラにWi-Fi機能が搭載されているものがほとんどで、

設定さえしておけば出先であってもカメラ→スマホに転送可能!

近くのコンビニでプリントしてプレゼントするもよし。

データとして共有してもよし。

とても簡単にシェアできるようになりました。

 

最近はInstagram(インスタ)などに投稿することで、

自分の撮った写真を世界と共有することもできます。

一般人でも「こんな〇〇があったよ!」と発信できるのはすごい!

(私もやってます!投稿するのも見るのも好きです!)

 

たとえ撮影時はひとりだったとしても、

「見て見て~!」と共有すれば

話題作りにもなるし、お気に入りの良さを伝えることもできますよね!

写真は一目見て伝わる方法なので効果はテキメン! 

 

 

 

自分だけの“作品”が生まれる

 

 めちゃめちゃ懐かしい。もはや道端で絶滅危惧種に出会った気分の1枚。

 

「作品」なんて言い方をするとちょっと気が引けますが、

カメラ歴や機材の質、撮影技術のレベル云々じゃありません。

 

「これ、いいな!」と思って

あなたが切り取った“その一瞬”はあなただけのもの。

ひとりひとり感性も着眼点も違いますよね?

似た構図で撮ることはあっても、同じ写真が撮れることはまずない。

 

もちろん、

上手に撮れれば最高!

でも、失敗した写真もきっと同じくらい思い出になりますよ!

遠くで“パワー!”って聞こえる気がして好き。

 

これは、暗闇に浮かぶ上腕二頭筋!

…ではなくて月食の失敗写真です。なんでこんなことに(笑)💦

気分はみんなカメラマン!

ほらほら。

カメラ…ちょっと触りたくなってきたでしょ…?(∩´∀`)∩オイデ-

 

最近は新しい挑戦としてアトリエ活動も始めました!

 

 

デメリット

 

やっていると楽しいことの方が多いのですが、

確実にデメリットもあります…

・初期費用がかかる

・精密機器につき、取り扱いに注意が必要

・レンズなど関連グッズがほしくなる

・スマホに比べれば重い&場所をとる

 

あえて挙げるとしたらこのあたりですね(゜゜)

 

“安物買いの銭失い”のリスク

 

安いものを探せばそれなりのデビュー機も見つかります。

メルカリなどフリマアプリではたくさん出品されていますね!

 

でも、

絶対に安さだけで飛びつかないでください! 

…というのも。

 

私も含めて、

素人の場合は自分で判断することが難しい部分があります。

見た目がキレイ=良質の中古とは言い切れないんですよね💦

 

店員さんのお話では、

・何度シャッターを切っているか不明

 

・水没・故障歴などが判断できない

 

・「中古ボディ+レンズ」と「新品ボディ+レンズキット」で

 だいたい同じくらいの金額になる

こんな感じ。

多少はセールストークかもしれませんが、事実なので納得

 

初期費用はかかりましたが、

いまでも不具合なく安心して使えていますし、

困ったことがあればお店でのアフターサービスも充実しているので

私の体感としては公式から新品で入手して大正解でした! 

 

(余談)

コロナ禍の数年、半導体不足や趣味としてのカメラの需要の高まりもあって

一時品薄の状態が続いていましたが、最近はだいぶ落ち着いているようです。 

 

精密機械ならではのデリケートさ

 

ご存じの通り、カメラは精密機械です。

落下や水没、湿気による本体・レンズ内のカビなど、結構気を使います💦

取り扱いには十分注意して大事に使いましょう!


 

本格的なドライボックスも便利そうなのですが、

湿気に関してはいまのところこちらで対応できています(*^^*)

 

 

レンズなど関連グッズなどへの物欲

 

カメラを始めた最初の頃は「ただ撮るだけ」で十分楽しいです!

キットレンズでもきちんと使えばいい写真が撮れます!

 

少し慣れてきて

「こんな感じであれが撮りたい!」となると…

新しいレンズほしい…

三脚もほしい…

自宅でプリントしたいしプリンターも…

と底なし沼のはじまり!( ゚Д゚)☆

私も絶賛その最中で、望遠レンズを買い足したりしてます。。

純正ともなれば、ぶっちゃけボディよりも高いレンズがゴロゴロ存在します。

憧れのレンズまでは…遠いぜ…!

 

いきなり購入はハードルも高いので、

・まずは使ってみたい

・気になる機種がある

このようなときはレンタル利用もひとつの選択肢!

自分の理想の愛機に出会うお手伝いをしてくれますよ(^_-)-☆

 

【 モノカリ 】は短期貸し出し可能で選べる機種も多いです!

 

とにかく“撮ってる感”を体感してほしい!

 

大体の人は、スマホを常に持ち歩いていますよね?

薄くて・軽いので取り回しはスマホが大きくリード。

 

機材にもよりますが、カメラは正直重いです!

(あくまでもスマホと比較すればの話。

本職のバズーカ持ちと比べればみんな軽い!(笑))

 

たとえば私が使っている機種で言うと

 

・α7Ⅲ…本体+レンズで約990グラム(ほぼ1キロ!)

 

・PEN8…本体+レンズで約810グラム(300㎜装着で重め)

(ビジュアル的にちょっとバランスが悪いのはご愛敬。)

 

・Xperia5…約200グラム

 

2台目を選ぶとき、SONYのα7Ⅳ、α7Ⅲとα7cで迷いましたがα7Ⅲに決定!

(購入の決め手や比較したポイントはまた次の機会に)

この動画はかなりの回数見ました!めちゃめちゃ迷った!

 

その重さを背負ってでもカメラを持ち歩くのは

スマホ撮影では味わえない“撮ってる感”を味わうため

・ファインダーを覗く

・シャッターをボタンで切る(音がたまらん)

・所有欲を満たせる

・見た目がカッコいい

これはカメラならではの味わいです(*´з`)

 

冗談抜きでひたすらこれを作業BGMにしていることがあります。

 

 

続けられるか心配な人への提案

…カメラほしい…!

ここまで読んでいただいて

・カメラ触ってみたい!

・写真をもっと楽しく撮りたい!

となってくれる方がいることを信じているのですが、

やっぱり大きいのは初期費用の不安ですよね。

 

新しく始めるにあたって、

ちゃんと続くかわからないことに大きなお金をかけるのを

不安に思うのは当然のことだと思います!

たとえば、

α7Ⅲのボディ+レンズセットが新品でだいたい28万円ほど。

画面・レンズのコーティングやメモリーカード代もプラス。

となると、初期費用が30万円くらい

…うーん。でかい。なかなかのダメージ💸

 

ただ、逆もしかりで、

「お金かけたし楽しもう!」となる場合もあるかも。

なんだかんだ6年は続いているし、これからも続けるので、

見方によってはコスパのいい趣味です。

 

そんなとき、ひとつの選択肢が“レンタル”

カメラ本体やレンズ、その他アクセサリー類などを

短期間借りて、使ってお試しできるサービスがあります!

 

カメラ・家電・パソコン・スマホのレンタルサービス「モノカリ」の新規予約申込

 

 

約2,500種類以上の撮影機材をレンタルし放題のサブスク【GOOPASS】

誰かと共用することに抵抗がなければ、気になる実機をいろいろ試せます!

 

・持った/構えた感じ

・写真の色味

・カメラの見た目

・レンズの使い心地

このあたりを確かめるためにも、実機は絶対に触ってほしい。。

(でも、触ったら最後…ほしくなる可能性大!)

 

店頭で触れない機材も、レンタルなら取り扱いがあったりします。

 

予算に余裕のある方や、購入するのが決まっている方には、

SONYのαシリーズ・OLYMPUS PENシリーズともにとても気に入っているので

こちらも合わせてオススメさせてください!

 

【 カメラのキタムラ 公式ネットショップ 】

ソニー α7III ズームレンズキット [ILCE-7M3K]【納期約1─2週間】

【中古:B(並品)】オリンパス PEN E-PL8 14-42mm EZレンズキット ブラウン | 2148761109728

 


 

おわりに

 

カメラ・写真の楽しさは少しでも伝わったでしょうか(゜゜)💡

ひとりでも、仲間とでも、

年齢性別関係なく続けていけるのがカメラのいいところ。

この機会に興味を持ってもらって、

ちいさなカメラマン仲間が増えることを楽しみにしています( *´艸`)

一緒に写真を楽しみましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

↓いいねボタン💖・コメント・Twitterフォロー等いただければ大変励みになります☆

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました